FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

簿記論好きじゃないけど、簿記論を受ける方へ

もうすぐ税理士試験ですね。受験生のみなさんは追い込みですね~さて、タイトルですが、私、簿記論が好きではありませんでした(キッパリ!)まあ職業柄、簿記とは切っても切れない縁ですが、どうも受験簿記が好きになれなかったのです。私みたいに大学進学していない場合、税理士試験の受験資格を取得するには、まずは日商簿記1級(又は全経簿記上級)に合格することだと思います。まあ、それはいいでしょう・・。合格し受験資格...

米国税理士(EA)の資格に限らず・・

先日、某専門学校から米国税理士(EA)の受講案内パンフレットが届きました。米国公認会計士(U.S.CPA)はよく聞きますが、EAってちょとマイナー?な資格なんでしょうか。早速、試験概要を見てみると ・受験資格 18歳以上誰でも ・試験科目 連邦個人所得税法及び連邦贈与税法・相続税法の3科目(科目合格制) ・試験方式 コンピューター4択 各科目100問 ・試験時間 各科目3.5時間 ・試験会場 日本(東京・大阪など...

若い税理士はどこへ行った?

先日、久しぶりに税理士会の青年部(青年といっても45歳以下の税理士)の集まりに出席したのですが・・集まったのは10人足らずで、以前より人数が減ったような印象でした。聞いてみると私が3年前に税理士登録したときより青年部の部員は半減している、とのことでした。私の所属する支部の会員は約200人で、45歳以下は1割程度だそうです。いや~少ないですね、若い人・・。どこへ行ってしまったのでしょうか?そういえば私が登録し...

中小企業会計要領と税理士の対応

ご存じの方も多いと思いますが、「中小企業会計要領」の影響について~簡単にいうと、今まで中小企業の会計ルールって「中小会計指針」というのはありましたが、実際に適用している中小企業は少なくて・・だからもっと簡便な会計ルール(中小会計要領)でやりましょう、ということで誕生したものです(顧問先さんはこの辺は意識していないかもしれませんが)。で、中小会計要領のポイントは・目的は経営に役立つ会計・従来の中小会...

Appendix

プロフィール

税理士 根岸賢治

Author:税理士 根岸賢治
埼玉県上尾市の税理士です。民間企業経理部、会計事務所勤務を経て税理士試験合格の後、平成21年に開業しました。
気軽に相談できる税理士を目指してがんばります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。