FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

顧問料 = 業務量 + リスク

みなさんは顧問料ってどのように決定していますか?または妥当な顧問料っていくらだと思いますか?税理士の立場とお客様の立場では、顧問料に対する考え方は違うとは思いますが、税理士の立場というか私の場合は、やはり人件費、つまりは業務の量が顧問料を決定する大きな要素の一つだと考えています。記帳代行がある場合には、当然のことながら会計データの入力時間(仕訳件数)のほかに領収書の整理もあるかもしれません。また売...

請求書300円

うちの事務所のコピー機はカウンター方式(1枚コピーするごとに料金がかかる)で、そのカウンター料金の請求書が届くと先月は何枚コピーしか、一応は確認します。まあ、確定申告時期など繁忙期を除いてだいたい同じような枚数&金額なのですが、先月はなぜかちょっと高い。よく見てみるとカウンター料金の後に「請求書発行サービス 300円」・・・と記載されております。あーなるほど、最近はやりの請求書を紙で発行するならお金取...

事業譲渡と吸収合併の選択

先日、組織再編税制の研修に行ってきました。組織再編と聞くと大企業が行うもの、といういう印象がありますが、実は中小企業にも大いに関係する場合があります。たとえば、Aさんが100%出資した㈱ABCと、もうひとつAさんが100%出資した㈱DEFがあるとします。㈱ABCは結構もうかっていますが、㈱DEFはずっと赤字です。そこで、Aさんは㈱ABCと㈱DEFを統合すれば、赤字も解消され、経営効率もあがっていいのでは...

Appendix

プロフィール

税理士 根岸賢治

Author:税理士 根岸賢治
埼玉県上尾市の税理士です。民間企業経理部、会計事務所勤務を経て税理士試験合格の後、平成21年に開業しました。
気軽に相談できる税理士を目指してがんばります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。